ウコンの効能:ウコン茶の作り方

ウコンは「ウコン茶」として用いられることが多いです。 そのウコン茶の作り方を紹介します。 ※あくまで一例です。これ以外にもいろいろな利用方が考えられます。

乾燥スライスの場合

ウコン茶の作り方ですが、以下は一般的な方法です。

水1.5リットル位入った土瓶かやかんに乾燥スライスのウコンを適量(大さじスプーン2杯〜3杯くらい)を入れて沸かし、沸騰したら火を止めます。

時間をかけるほど色は濃くなりますが水の量に応じて自分が飲みやすい程度にウコンの量と沸かす時間を調整します。目安は茶色から黄色の間です。沸きだちは特にウコンの香りが広がり、その香りで心がやすらぎます。

スライスして乾燥させたウコンは、湿気ないようにプラスチックか瓶の蓋のぎゅっと締まる容器に入れて保存しています。

スライスした乾燥ウコンをそのまま食べるのもいいです。少し苦いですが、良薬口に苦しですね。

その他、ウコン茶のティーバッグなどの場合は、説明書などを参考になさってください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。