ウコンの効能:ウコンとは

ウコンは多肉質を持ったショウガ科の多年草でショウガ属、ケンフェリァ属、アルピニア属と近縁関係にあります。

ウコンは、インド・スリランカ、ネパールなどのヒマヤラ地方、ミヤンマー、タイ、ベトナムやインドネシアなどの熱帯アジアを原産地とした植物で、熱帯区や亜熱帯区のような高温多湿を好み、雨季に生長期を迎えます。ウコンは、高さは約50センチメートルから1メートルまで成長し、根茎を黄色染料やカレー粉(ターメリック:Turmeric)の原料として親しまれています。

日本名「ウコン」、英語名「ターメリック」と言います。

ウコンウコンには、春に花を咲かせる“春ウコン”や、秋に花を咲かせる“秋ウコン”、切り口が青みがかかった“紫ウコン(ガジュツ)”などがあります。

春ウコンと秋ウコンの違いですが、主に健康増進に使われるのが春ウコンで、食物着色(たくあん等)や染料によく使われるのが秋ウコンでしたが、最近は秋ウコンも健康に良い成分があるということで健康増進にも秋ウコンが利用されるようになりました。

また、ウコンは抗酸化作用による腐敗の役割としても古くから使われてきました。

日本にウコウが伝来したのは、中国から琉球(現在の沖縄)に伝えられたといわれています。しかし、いまだにウコンの原産地はどこと決定的な分類法はありません。

又、ウコンは品種も50種を超える品種(学名)が報告されていますが、信頼出来るものとして文献に記載されたものは、現在のところ見当りません。


タグ:ウコン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。